宝の山?都市に眠る「金鉱山」とは

金を保持している理由を調べます

贈り物やプレゼントとして貰った金を金買取しても良いか

一般的に金買取ショップに持って行って買い取ってもらう金や金製品というのは、自分が購入したものであることがほとんどであり、他の誰かから贈り物やプレゼントとしてもらった金や金製品は、あまり金買取ショップには持って行かないものです。 なぜなら贈ってくれた相手に対して失礼だと感じてしまうからです。

しかし金買取というのは通常はお金が欲しい人が行うものです。 そしてお金が欲しいということは、お金に困っている場合が多いのです。 そしてお金に困っている状況を打破する為には金買取による方法しかないというのであれば、他人から贈り物やプレゼントとして貰った金製品を買取ってもらっても、仕方のないことなのです。

むしろ贈ってくれた相手も怒るどころか、自分が贈った金製品が役立つことが出来て良かったと喜んでくれるものなのです。 なのでお金に困っているという人は、罪悪感やうしろめたさを感じることなく、金買取ショップにどんどん金製品を持って行っても良いのです。

しかしその場合でも当然贈ってくれた相手への配慮は忘れてはいけません。 相手が贈ってくれた金製品を金買取店に持って行ったという事実を自分からべらべらと喋る必要は当然ありませんが、もしも相手から聞かれた場合は、正直に打ち明けることが大切であり、嘘を言ったり誤魔化したり隠したりする必要はないのです。

例え金買取店に持って行ってしまったとしても、お金に困っているから調達する為等の正当な理由があれば、きちんと許してくれる人は多いものです。 金製品を贈ってくれた相手と今後も良い関係を続けていきたいと思っているならば、やはり隠さずに勇気を出して正直に事実を打ち明けていくことが必要となってきます。

そもそも相手から贈られたものであったとしても自分の所有物であることには変わりがないのですから、所有者が所有物をどのように処分しようが、それは所有者の自由なのです。 なので万が一贈ってきた相手が怒ったとしても、それはお門違いな怒りなのであり、そのようなお門違いの怒りをぶつけてくる相手とは、今後も付き合う必要はありません。むしろそのような相手の本性が早く分かって良かったと喜ぶべきです。

しかし一般的にはプレゼントとして贈った物が売られてしまったからといって、怒る人はあまりいないものです。 なので広い心で許してくれた相手に対して美味しい食べ物をご馳走する等して、とにかく感謝の気持ちを現していきましょう。

Copyright(C)2015 宝の山?都市に眠る「金鉱山」とは All Rights Reserved.